PAULのギフトセット買えた・・・

結局、毎日過ごす中で、いい日なのか?それとも悪い日なのか?と言うのは自分の気持ちの持ちようでしかなくて自分が納得できる1日であれば結果的にそれは、良い1日だったんだろうなあと思ったYoshiです。こんばんは(^^♪

今日は、少し解放感に浸っている自分。

最近忙しかったけど、その忙しさとか、精神的な圧迫度なんで全く考慮されない感じで、やらなきゃいけない事がありまして、そのためにプライベートの睡眠時間を削って、コツコツと作っていたレポートとか、その辺の処理が終わった日。

某所。某時刻。

今日のYoshiさんの予定は午前中非公開。
知っている人だけが知っている。某所に出頭命令が出てました。

朝7時過ぎに家を出て電車を乗り継ぎ某所へ。
特に看板もなく、なんてことはない商用ビルのあるワンフロア。絶対にうちの会社だと言うは認識できないような作りの建物に入り入口へ。事前に渡されていた今日の行動予定表の記載事項には

「入り口はあなたの持ってるIDカードでは入れません。時間になったら係りの者が迎えに行きますので入り口前に待っててください」

とのこと。なんじゃそりゃ・・・と思いつつ、指定された場所に待つ。

15分前に到着したら、きっかり5分前に係りの人が無言で扉を開けてくれた。

無言のままツカツカと歩いて行くのでついて行って奥にある部屋に通される。部屋を開けると窓にはブラインド。目の前には今まで会ったことがない人数人。そして、持ってきた資料を相手に渡して、とある事がスタート。

ま、これ、れっきとした仕事の一部なんで、スパイ映画みたいな何かがあるわけじゃないですが、俗にいう圧迫なんとかってやつですかね・・・一応対策はしてきたので、見ず知らずの人の前で10分くらいレポートについてプレゼンして、後は質疑応答タイム。元々某関係者から「この質疑応答はかなりきつめに相手も対応するので気を付けること」と言われてはいたけど、始まったら

「あれ?この程度??なんだ、全然余裕ジャン」

と思っちゃった自分。苦笑

だって、普段対応しているボスたちの方が精神的負荷が100とすると、今この状況は2とか3程度。全然余裕。なので来た質問は全部全力で返してやりました。ここはディベートとか、色々勉強させてもらっていたのが役に立ったわ。でも、少し後悔しててちょっとやりすぎた感があって、

相手「○○については、〇〇だと思うのですが、Yoshiさんの見解はいかがですか?Yoshiさんの見解を教えてください」
Yoshi「いや、違いますね。その認識は間違っていると思います。私が思うに、〇〇と言うのは、〇〇であり、統計データを考えると、〇〇率が一般的に〇〇%だと思うので、今仰った認識は古くて使い物にならない見解だと思います。ですから私としては、甘いデータを元にした仮定に対して推論を述べるのはよろしくないとおもうので、まず最初に私の認識している状況をお伝えしてから見解を述べさせて頂きます」

みたいな感じで喋ったら、周りの人も含め一斉にメモ取られてた・・・こりゃ、きっと反抗したからマイナスポイントになったんだろうな・・・でも、いいや。気にしない・・・言いたい事は言ったし、質問とか圧迫は全力でダイレクトボレーにドライブをかけて返したようなものだし、これでダメなら悔いはない。大人になると勉強しなくていいかなあと思ったけど、大人の方が何倍も勉強しているなあと思った。

結局25分〜30分だと言われてたのに結果的に45分もディベートさせられて疲れた。
ま、これも経験なんで、いい経験はさせてもらったのかなあ。

終わって職場に帰り道。先日、こんな出来事があったんですね。

http://d.hatena.ne.jp/yoshi-blog/20111107

そう、PAULのギフトセットを買えなかった・・・その時言われたのはお昼に来ないとパンがそろわない・・・まあ、買えたら買うかなあと思ってぶらりとお店に行ったら、まだ在庫はあるとの事だったので、即注文。わーい!やったー!!これで、嫁さんとの約束も果たせるぜ!と思ってルンルン気分で職場に戻る。

午後からは打ち合わせ三昧。打ち合わせっていうか、ブレーンストーミングですな。ある仕事の件で14時から18時までずっとホワイトボードの前で、あーでもない、こーでもないと打ち合わせ。おかげでノート8ページ分のアイデアが出てきたので、明日はこれをマージして、骨子を作ってまた打ち合わせみたいな感じかなあ?その後も別件の打ち合わせを入れられて終わったら20時。

「今日は、パンを買ったし嫁さんが寝る前にまでに持って帰る約束したから帰る!」

って意味不明な理由で比較的早く帰ってきました。(笑)

さっそく家であけてみました。

外環の箱はこんな感じ

意外とおしゃれ〜。そして中はこんな感じです。

このギフトボックス何がいいのかっていうと、こんな感じでパンが6個入って1,150円でお得だってこと。単品で買うよりは安く、代表的なパンが、こんなボックスに入っていて数量限定って言うのが人気見たいです。しかも、先日、もしもツアーズで紹介されてましたしね・・・PAULのパンはYoshiがあんまり好きじゃないハード(硬い)なパンが多いので嫁さんは好きらしいのです。元々パンのお勉強をしていた人でもあるのでこだわりはあるんです。

ちなみにYoshiさんも1個だけおすそ分け的に食べてみたのはこちら。

甘いザラメがかかっているしっとりしているパンでした。なかなか美味。

と言うわけで、お近くにPAULのお店がありましたら是非ギフトセットをお試しアレ。朝行っても夕方行っても買えない可能性が高いのでお昼前後がおススメっぽいです。

何はともあれ、約束は果たしたぜ。
約束は守るためにあるもの・・・

これで、嫁さんの機嫌がよくなるんだったら安いものです。

隣の後輩には

「悪い、今日俺早く帰るわ。ごめんね」

「どうしたんですか?」

「ああ、定期メンテナンスだ。」

と言い残して会社を出たけど、高い保守料金(なんか買えだの、なんか食わせろだの)より、マメにメンテナンスする方が機械も人も、故障率(不機嫌率ともいうかも)が低く安定すると言うものですな。苦笑

今日はこんな感じ
ではでは。